脱毛器 VS エステ どっちがいい?

 

悩む子猫

 

脱毛器 or 脱毛エステサロン、どちらがいいのか?

 

3つのポイントで徹底比較してみました!

 

 

 

値段

 

【エステ】

  • 全身脱毛:6回約12万円ほど
  • ワキ脱毛(やり放題):約500円
  • VIO脱毛:5回約5万円

 

※ミュゼの料金から参照

 

【脱毛機器】

 

ケノン;69,800円(税込)

 

ワキ脱毛やVIO脱毛だけ、つまり部位脱毛をするなら、脱毛エステのほうがオトク!

 

特にミュゼのワキ脱毛は数百円で何回でも通えます。

 

手軽さ

 

【エステ】

 

予約が必要で決められた日時に行く必要があります。

 

また、キャンセルや遅刻をした場合はキャンセル料を取るサロンもあります。

 

【脱毛機器】

 

自宅でいつでも使えます。
時間や場所に縛られないため、かなりお手軽に脱毛できます。

 

コスパ

 

エステは1人に対する料金です。

 

ですが、脱毛器は姉妹、親子など、複数人で共有できるため、コスパがいいです。

 

例えば、お母さんは腕脱毛でつかい、娘さんはVラインや足などで使う。
など、一家に1台、といった考え方も可能です。

 

仕上がり

 

圧倒的に、エステサロンのほうがいいです。

 

脱毛機器は基本、自分で使用しますし、また、ムラができやすい傾向があります。

 

脱毛エステサロンは、プロのスタッフが施術するため、きれいに仕上がります。

 

結論は?

 

併用もあり!です。

 

例えば、

 

背中やお尻など手が届かない部分:脱毛サロン

逆にワキや腕などは:脱毛器

 

といった感じで分けることも可能です。

 

 

おすすめ脱毛器はケノン

 

 

ケノン

 

脱毛器ケノン

 

  • 名前:家庭用脱毛器ケノン
  • 料金:69,800円(税込)/送料無料
  • 保証:1年間安心保証付き
  • 痛み:少ない
  • 脱毛法:光脱毛
  • 製造国:日本
  • 照射レベル:10段階
  •  

 

腕、手の指、足、ヒザなど手が届く範囲なら、手軽に使えます♪

 

【公式サイト】→http://ケノン.com

 

メリット

 

家族で兼用も可能

 

例えば、あなたがアゴヒゲ脱毛
彼女や奥さんはワキ脱毛

 

など家族全員で兼用できます。

 

いつでもどこでも!気軽に脱毛!

 

メンズエステやクリニックは決められて日時に行く必要があり、仕事が不規則だったりすると、予約がなかなかとりづらいです。

 

ケノンもそうですが、脱毛機器はいつでも、どこでも、時間&場所を選びません。

 

広範囲

 

アゴヒゲ以外にも、胸毛・すね毛・・・などの用途で使う人が増加しています!

 

また最近は”指脱毛”をする人が増えてきています。

 

 

理由は、営業など直接お客さんと接する仕事の場合、”指の毛”がボーボーだと

 

(この人の指、ボーボーだよ)

 

と嫌がられる恐れがあるからです。

 

 

デメリット

 

手が届かない!部分はやりづらい

 

ヒゲは鏡を見ながら脱毛できるため、問題ありません。

 

ですが、うなじや背中、おしりなどは手が届きづらいため、脱毛器はおすすめできません。

 

面倒臭がり屋さんには向かない

 

「よし!脱毛器を使おう!」とイキイキしながら脱毛する人は問題ありません(汗)

 

ですが、面倒だったり、3日坊主で脱毛器が押し入れに・・・
となるなら、クリニックやサロンなど、専門家に施術をしてもらうことをおすすめします。

 

おすすめ脱毛サロン

 

ラヴォーグ

 

新店舗

 

日本で最安かも??!

 

【特徴】

  • 業界最安! 全身脱毛55ヶ所で月額1435円!
  • 激安なのに”顔”も含まれる
  • 1回の施術で全身まるごとできちゃう♪

 

九州を中心に店舗展開しているラヴォーグは業界最大級の激安サロンです。

 

顔を含む全身脱毛が55ヶ所!

 

 

デメリットは?

 

知名度がまだまだ、という点です。
また、シェービング代が有料であったり、遅刻に厳しかったり、サロン内が質素です。

 

※雰囲気重視の人向けではないです。

 

>>ラヴォーグの無料カウンセリング予約はこちら

 

 

 

家庭用脱毛器の種類別解説!

 

光脱毛器の特徴を解説!

 

家庭用脱毛器を使ってセルフ脱毛に挑戦したい方も多いと思います。

 

家庭用脱毛器は現在たくさん販売されていますが、実際に脱毛効果を得られる製品は限られているといえるでしょう。

 

例えば、ローラーで巻き込むタイプや熱線でムダ毛を焼き切るタイプの脱毛器を購入しても、ムダ毛を薄くしていくことは基本的にできません。

 

脱毛効果を得られるのは光やレーザーを照射するタイプの家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器の中でもレーザー脱毛器は人気がありますが、強い痛みを感じる点が難点といえます。

 

 

 

こうした脱毛時の痛みが心配な方には光脱毛器がおすすめです。レーザーに比べて痛みを感じにくいのが光脱毛器の特徴なので、デリケートな部位でも安心して使用することができます。また、照射面積が広くて照射スピードが速い製品が多く、広範囲のムダ毛を短時間で脱毛していくことができるのも光脱毛器の魅力といえます。

 

家庭用の光脱毛器を継続して使用する場合は定期的にカートリッジを交換する必要があります。機種によってカートリッジの容量や費用は異なるので
、レビューサイト等を参照しながら自分に合った光脱毛器を探してみると良いでしょう。

 

エステで施術を受けた場合に比べて費用を安く抑えることができ、自分で気軽に脱毛できる家庭用の光脱毛器は、痛みを感じやすい方やお肌が弱い方にもおすすめの家庭用脱毛器です。

 

 

レーザー脱毛器の特徴を解説!

 

ムダ毛の悩みを気軽に解消する方法として、家庭用脱毛器を購入して自分で脱毛にチャレンジする方法が挙げられます。

 

エステやクリニックで脱毛施術を受けるのが最も効率的な方法といえますが、プロの施術は費用がかかるため敬遠している方も少なくないでしょう。

 

家庭用脱毛器なら本体さえ購入すればすぐに脱毛を始めることができるので、費用的な負担が軽くて済みます。

 

プロの施術と比較すると効果を実感できるまでには時間と回数を要しますが、自宅でいつでも好きな時に脱毛できる点は家庭用脱毛器の大きな魅力といえます。

 

人気がある家庭用脱毛器の一つにレーザー脱毛器があります。クリニックで使用するレーザーと基本的に同じ性質で、
ムダ毛のメラニンにレーザーの光熱を吸収させながら毛根部にダメージを与えていきます。ムダ毛を再生させる組織は毛根部に集中しているので、繰り返し毛根部にダメージを与え続けていけば次第にムダ毛が細くなっていきます。

 

評価されている家庭用のレーザー脱毛器は出力が高いため、光脱毛器よりも効果を実感しやすくなるのが特徴です。

 

その分濃いムダ毛が生えやすいワキやVIOなどに使うと痛みを感じる場合があります。そのため、できるだけ出力レベルを細かく調整できるレーザー脱毛器を購入した方が安心です。

 

最初は弱い出力で様子を見ながら照射して、慣れてきたら少しずつ出力レベルを上げていく方法が良いでしょう。

 

 

 

脱毛についての基礎

 

ヒゲ脱毛を応援する女性

 

脱毛用クリームの効能がある選択法

 

ムダ毛取りクリームと呼ばれる薬品ですが、これらは気になる毛をなくし、整える脱毛クリームなどの総称というようなものです。毛を抜いて処理することがムダ毛の脱毛であるなら、毛を無くしてしまう効果が除毛といい、毛の成育を遅くする作用が抑毛になります。しかしながら、これらを全て含んでムダ毛の脱毛と総称される場合が多い意見です。電動シェーバーやよくある剃刀と脱毛のためのクリームを比べてみますと、気になる毛の処理できる方法に違う箇所があります。シェイバーや普通の剃刀がお肌の表に存在するムダな毛を剃り落すだけなのに対し、クリームに頼れば基礎からなくせるのです。現実に毛の処理用クリームを使った人たちからのレビューでたくさんあるのは、脱毛クリームの不快な匂いに関することなんです。性質から、強いニオイが起こる品も多いので、適切な換気が絶対に必要な状況がありえます。クリームの選別の仕方のために忘れてはいけない主旨として挙げることが出来ます。毛の処理をしたいポイントというとどの辺にあるのかということでも製品を選別するのはさまざまになります。体全体に使う薬剤なら黒々とした毛から弱弱しい毛まで取り除けますし、ワキに使用するものなどポイントに特化した製品も市販されています。との時々に応じながら使い分けられます。気楽な値段で買い付けやすく、おまけにすぐに使用できるクリーム剤がムダ毛除去クリームと言えます。初めに購入したい脱毛クリームを試してみるのも効果的のです。使えるポイントが大量だからこそ、絶妙に使って気になる毛の心配からフリーになりたいものです。

 

 

脱毛の基礎知識と、良い方法そして成功した経験

 

いずれのむだ毛ケア方法が読者に最適なのかどうかを把握するためには、まずは施術の種別を理解するということがポイントです。現在、メインはどの手法なのか、実際にやっている人の体験談が優れた施術の仕方は何か等を認識することにより、お店の取捨選択に利用することが可能です。人気の光による無駄毛処理の型というとSSCそれからIPLと呼ばれるものなどといったものに分かれますが、アイピーエルとはインテンス・パルス・ライト(Intense Pulsed Light)と言われる光の種類であり、エスエスシーはSmooth Skin Control Hair Removalという違うムダ毛処理メソッドの名前です。当てるレーザー、使うジェル、また脱毛のやり方により付いた名前です。むだ毛ケアの為にとエステサロンに依頼するのなら、期待以上の仕上がりも手に入れたいものと思われます。エステ痩身やボディケアなど色々とあるプログラムをオーダーできるが、エステサロン脱毛の大きい長所ですね。その道に通じた方へ相談する事で、これまでは自分1人でもっ込んでしまった困りごとを解決してもらう事で、解消していただくということさえ出来るでしょう。その他、自己対策では実現できなかった理想の輝く肌になっちゃうということも出来ると考えられますよ。流行の無駄毛処理や一番新しい方法等、WEBには沢山の情報があります。特殊な単語等といったものは困難と思うかもしれません。しかし、満足な対処を出来るよう独学しておく事も又大切だと思います。

 

 

脱毛施術した際の、失敗した経験や考慮すべき点

 

エステ店において脱毛処理をしてもらおうと思い切って決めた際には、しっかりと考えた上でのお店のチョイスというのが肝心となるのです。どういう要素で脱毛するお店選ぶと良いというのか、そしてどのようなサロンがアタナにはとても合ってていると分かるのでしょうか。いくつもの中から思い通りなエステサロンというものを発見するというのはなかなか大変なのではないでしょうか。最初の脱毛無料お試しへちょっと行ってみたらあと営業にげんなり…、などの口コミはよく耳にはさみます。内容としては、希望していなかった部位の脱毛までしつこく勧められた等や、不必要に申し込みを急かしてくる、こうした事があったら怪しいです。不審なところのあるショップは絶対に避けるべきです。ムダ毛の脱毛において気になってしまうものは、一番は実際のお金のことが大きいのではないですか。もしやすごく高くつく金額になるではないかと悩む人は結構いるんだそうです。しかし、その脱毛サロンにおいてのメニュー等や脱毛処理方法により掛かる費用はいろいろと変わります。なので、事前によく理解する必要があります。料金にまつわるもめ事というのはどの社会でも聞くものなのです。ただし、代表的な脱毛にかかる価格例についてやコースについてなどのような基本の情報をあらかじめ把握する事で阻止できる場合もあります。だから、事前に念入りな情報を集めたり見定めはなるべくしておくことが大事ですね。

 

 

種類の脱毛装置を活用したシンプルな脱毛のやり方

 

自宅でお家用の無駄毛を処理する器具を利用する場合のデメリットや良い点を想像ていきましょう。良い部分は、必要経費の安さや簡単に脱毛できる点でしょうか。対するに本体を安く買えてもカートリッジの交換などなど少し費用が掛かるといった事もあります。フラッシュという手法の毛を取り除く装置の使ってみての感想は一体どのような感じなのかになりますが、評判のいい家庭用脱毛器であるケノン購入方に使ってみてどうなのかを見ると、まるっきり痛みがないわけではないけれどもきっちり患部を冷やせば全くへっちゃらです、少しの時間で毛を除くことが可能でてきぱきできる、なんていう評判が多く聞けたようです。エステサロンや医院を利用して不要な毛を脱毛する時は数少ない回数で全部お任せで処理ができるのが良い部分ですけれども、毛を抜く器械を使う場合はそういう風には残念ですがいきません。用いる頻度もかなり多くなってしまいますし、手間がかかるといった弱みになってしまう残念ながら存在します。本当に家庭でできる脱毛道具を使っているという方のBlog等々に載っているのは、素直な感想をまじめに載せてある場合が時々あるみたいです。もちろんですが使用した感じや余計な毛を引っこ抜くことでもたらされた効能というのはその人によって違いがありますから、頼りにし

 

 

自分で出来るむだ毛対策のための方法

 

うぶ毛対策に使うクリームタイプの商品のほかにワックスタイプのものといったものを使ってみた経験がある方はいっぱいいると予測できます。各種の市販品も店舗販売する傾向が有ますし、はたまた取扱も手軽だと思います。室内で易しいに体験できると言ったよいところが存在し、うぶ毛のお手入れの方法の代表的製品だと考えられます。毛を完全に取るといったうぶ毛のお手入れ方法にするならば、大切にすべき肌における関する困ったことということが多くなりがちのです。肌の下にある毛は強引にちぎれて残るうぶ毛が要因になって見られますし、皮膚が赤みを増す、腫れる、ひどい肌あれになった、というような案件が現れるのが見られます。腕をはじめとして脚に関する対するうぶ毛処理は処理部分も大きななるから、テープ状の商品またはワックスタイプの商品とはべつにクリーム系アイテムなどを使った施術法が増加傾向にあるようです。刺激痛をイヤだと思うカミソリしか使わないもかなりいるようです。しかし、どう使うにしてもたちまちに長くなってきてしまう現象に関しての不満の口コミが多数あります。家庭専用むだ毛処理美容グッズひとつをテーマにして考えても、多種多様な商品がやまのようにでているのが現状だと思います。国内産の製品、輸入品で生産されたもの、いろんなタイプのうぶ毛処理システムを利用して生産した商品や、こんなに高度な美容グッズを自宅で試すことができるということですから、できるだけ満足できるような感じに使おうとしてみるとお勧めです。